2022在学生アンケート結果

デザインコンプ2022を開催終了後、在校生全員248名を対象にグーグルフォームから実施したアンケートです。(*対象1年生:122名、2年生:121名、3年生:2名)

グラフィックデザイン科1年 37名
グラフィックデザイン科2年 41名
マンガ科1年 35名
マンガ科2年 34名
デジタルデザイン科1年 24名
デジタルデザイン科2年 18名
インテリア・建築デザイン科1年 19名
インテリア・建築デザイン科2年 13名
インテリア・建築デザイン科3年 2名
ファッション科1年 10名
ファッション科2年 15名

(*対象者248名に対して回答150名:回収率60.4%)


学科別比率

学科別:在校生アンケート


学年別比率

学年別:在校生アンケート


展示満足度別

あなたの作品展示は満足のいくものでしたか

展示満足度別:在校生アンケート

  • 今年は全学科の作品を見ることができ、また⼤きな会場で作品展示会をすることができたのでよかった。他の生徒の作品も見られて良かった。
  • 友達や同級生の展示物はすごくて良かった。他の学科の方の作品も色々刺激になったと思う。自分のやったものがイマイチだな〜、もっと頑張らなきゃな〜と思った。
  • ⼀年生の頃に使用した作品を置く木の棚に見やすく作品が並べられてて良かったし、今回のデザインコンプ2022のイメージの象徴である
    赤い紙飛行機が真ん中に飾られていてインパクト⼤だったので、PARCOに遊びにきてくれたお客さん達の目にも止まりやすかったんじゃ
    ないかなと思いました。
  • ゴールド賞を取れたことや来場して頂いた皆さんが⾜を⽌めて⾒ていただけているのを⽬の当たりにしてとても満⾜しているから。
  • ⼩学⽣ぐらいの⼥の⼦が作品を⼿に取って楽しそうに⾒てくれていたり、網にかけた作品を⼿に取ってくれたり、作品の魅⼒が伝わる構成にできたと思うから。
  • 予定していたファッションショーや物販は出来なかったのは残念だったが、初めて商業施設で⾏い、スケールが分かったので次年度に繋げられると良いと考える。
  • クラスメイトの作品や他の学科の作品もあまり⾒る機会もなかったので⾒れる機会があったのと、学校以外の場所で⾃分の作品を展⽰するのは滅多にない機会だったので、緊張と⼼配はしましたがいい経験でした。イベント会場の本職スタッフさんやイベントに参加するアーティストさんもこんな感じなんだろうな、と思いました。
  • ⾃分たちの推しスポットを紹介することで、⾃分⾃⾝沖縄でまだ知らなかった場所やお店を知ることができたし、このイベントで⾜を運んでくれたお客さんにも、まだまだ沖縄には隠れた良い場所やお店があるっていう事を知ってもらえる機会になったんじゃないかなと思いました。

展示場所満足度別

サンエー 浦添西海岸パルコシティでのデザインコンプはいかがでしたか

展示場所満足度別:在校生アンケート

  • 定期的に館内放送でイベント告知もしていただけて、PARCOさんに大感謝です。
  • 普段とは違う環境で、自分の作品を誰かに観てもらいつつ案内することは滅多にないと思うので、よかったと思います
  • 例年のコザより人の目にふれる機会が多かったと思うので、様々な人に観てもらいリアクションが取れたり感想を聞く事が出来て充実した3日間だったので。
  • 遠目からマネキンがあり、紙飛行機があり、インパクトがあった。
  • 他の科の作品も見ることができたのでとても楽しかったし、作品を作るだけでなく展示の運営などにも携われることができ、普段ではできない体験ができてよかったです。
  • 他の科の作品も見ることができたのでとても楽しかったし、作品を作るだけでなく展示の運営などにも携われることができ、普段ではできない体験ができてよかったです。
  • 色んな地域からお客さんが来てくれるし、家族連れも多いので多くの人に観てもらえたと思う。またPARCOとIDAは以前フロアマップなどのコラボもしていて、今回もPARCOの場所を借りてIDAの学生の作品を展示させてもらえてとても嬉しいし、感謝しています。
  • 大型商業施設ということもあり、地元の人だけではない多くの人に観てもらえて知ってもらえる機会が増えていたので大変誇らしく面白いものとなったから
  • 地元だったのもあるし、元々利用客が多いため、多くの人の目に止まってくれていたので色んな人の興味関心を引けたから
  • いろんな人が来てくれたのは嬉しかったです。それと、直接作品を見る事が出来なくても、時間がなくて見なくても、少しでも立ち寄ってくれたり、目を向けて「こういうのがあるんだ」と、気になってくれたと思ったからです。
  • 大きなショッピングモールだったため、層を問わずたくさんのお客さんに来てもらうことができた。
  • 展示場所としては最高だと思った。

招待客別比率

サンエー 招待した人達には来場、作品を見てもらいましたか?

招待客別:在校生アンケート

  • 保護者、自分だけでなくみんなの作品も見てすごいと褒めていた。
  • 特にクライアント様はMG2や他の学科の作品も観てくださって、「こんなすごい(技術を持った学生がいる)学校の人に作ってもらえたんだ」とおっしゃっていました。
  • インターンシップ先
  • 去年と比べて成長がみられて良かったと言ってもらえた
  • 友達や親には見てもらいたかったし、見て貰えたけど、身内じゃない自分のことも全く知らない人にも見てもらえて、少し自信がもてた。
  • また、コンプの事は知らせてなかったのですが、叔父と叔母も偶然来ていました。
  • 招待ではないけど、高校時代の友達が来てくれました。わざわざストーリーまで上げてくれました。
  • 内定先の方、特に何もおっしゃっていなかったが写真を撮っていただいた
  • 見てほしい人達は来てはくれなかったのですが、他のお客さんにとても褒めていただけて、観た人の心に伝わった事がとても嬉しかったです。
  • 友達、内定先の方が来てくれました。どの作品が良かったかなどの感想をいただきました。
  • 高校の友人、保護者が来てくれていました。高校の時に比べて上達していると褒められたことが今後の励みにもなり、嬉しかったです。
  • 作品で紹介したお店のオーナーさんと店員さん、姉妹。お店の方から「紹介してくれてありがとう」という声をいただきました。
  • バイト先の店長→作品のクオリティが高く、そして個性豊かな作品だらけだったので、見てて楽しかったです。

歓談機会別

会場で一般来場者とお話する機会はありましたか?

歓談機会別:在校生アンケート


LIVE配信閲覧度別

ライブ配信は見ましたか・

LIVE配信閲覧別:在校生アンケート

  • もう少し、積極的にお客様に話しかけれたらなと思いました。
  • ゲームの操作方法や映像作品のことについてもっと知っていた方がお客様にスムーズな説明ができたんじゃないかって思いました。
  • お客様に対する声掛けなどが少し足りなかったかなと反省している
  • 最初カメラを担当した時に撮り方とかがあまりわかっていなくて、後からこうした方が良いとかアドバイスをもらったのでこれからに活かしていきたい
  • LIVE配信ブースは今年は良かったと思います。しっかり全体と調和している印象を感じました。ただ唯一、常にこのブースだけ「密」になっている印象がありました。機材が多いので仕方ないとは思いますが、合間の過ごし方を考えればいいのではないでしょうか?
  • 来場者にはわかりやすい場所だったと思うけど、スタッフとなる学生たちの動き(裏側から上がってからの展示会場までの道のり)が若干複雑だったのかなと思いました。
  • コロナでオンラインの日が続くのは仕方のないことだと思うけど、やっぱり毎日登校したほうがデザインコンプに対する熱量がもっとあがったのかなと思いました。
  • できることならその場所で物販やりたかったなぁ
  • 配信の告知をもっと前もってやっていたら、もっとたくさんの人々に観てもらえたかもしれない。
  • 他の学科のやっている事、作品のテーマなどを把握出来ていなかった。
  • 挨拶はできたけど、自分の作品を観てくれているお客さんに声をかけられなかった。観ていただきありがとうございます、などのお礼は言えるようにしたい!
  • もっと先輩や他学科、お客様と会話をしたかったのでそこを改善していきたい。
  • 会場に散らばった文字を集めて1つの単語にする企画、内容自体は良いが、やり方が難しくて、説明では一般来場者に伝わりづらかった。もっと簡略化した方が良い。
  • 展示場所の道が狭く、お客様とぶつかってしまいそうになったりしたのがちょっと心残りでした。思ったよりも仕事内容がほぼ立ちっぱなしのものばかりだったので、もう少し自分たちの学科でも何か出し物をすれば良かったかなとも思いました。
  • 他の学科に比べるとMG科の点字に対する工夫って少なかったんだなと感じました。
  • 片付けがもっと円滑にできたら良いなと思いました。
  • 全学科が集まって行う大きな行事なので、行事の盛り上げに向けて学生間の交流も兼ねて
  • よりスタッフが活動的になるシフトを追加できると会場の集客率が上がるのではないかと思う。
  • シフトが開示されたのが本番ギリギリで、1年制で初参加だったこともあり皆日程の調整ができずシフトの空きや7日の片付け班のメンバー等を担任が仕方なく半ば無理やり組んでいて大変そうだったのでもう少し早い段階でシフトを組めたら楽だったかもと思いました。
  • 受付でのキーワードイベントは当日初めて聞いて、受付担当になったときあたふたしたので事前に共有していただきたかった。
  • 反省点:今回が初めての事もあって何をしたら良いのか分からない部分が多々あった。
  • 改善点:シフトの枠が急に増えていたりなど、急に変わったりする事が多く困惑してしまった所があるので、もう少し余裕を持ってお知らせをして欲しい。
  • 全体的には悪くはなかったが、情報が何もなく、シフトで、学生同士の引き継ぎの仕方がわからなかったり、仕事内容が最初から共有されていなくて困惑した。
  • 次回開催するときは、全学生にもっと多くの情報を流してほしい。

その他意見や感想

  • 今回このように自分達の作品を皆様に観ていただけたことにとてもやりがいを感じました。とても達成感がありお客様に作品を観て頂いて褒めていただき、とても嬉しいです
  • 思っていた以上に来場者が来て、一般客と関わることができたのでとても楽しかったです。
  • 5学科対抗オンラインストア売り上げ対決(最終日に発表)するのも良さそうだなと思いました。5学科みんな商品になるグッズは作れているようだったので。
  • もう少し広い場所、屋外などで各科毎に面白い事をしたい。(スタンプラリーとか)
  • 初めて取り組むことが多くて大変だったけど、編集やカメラについて色々と学ぶことができてよかった
  • 大きなイベントが初めてだったのでうまくできるかな先輩の足枷にならないかと不安があったのですが、DDのみんなが一丸となって協力してできたので良かったと思います。
  • 職員同士の連携、非常に良かったです。特に大きな事故もなく、コロナ禍にも関わらず、学生指導も行いながらよくDESIGN COMPを成功させたと思いました。(結果はこれからですが、成功と言って良いと思います)
  • LIVE配信のレポーター、とても上手かった。声も通るし場繋ぎがとても良い。
  • 職員の拘束時間、長すぎました。4h毎の交代制は難しかったですか?
  • ARCOさんがよければ、しばらくはここを利用できればと思いました。(学校から近い、人流が多い、が一番ポイント高いと思います。)
  • PARCO CITYで今後ファッションショーはやりたいですね。一番盛り上がると思います。ですが、それ以外のイベント関連はやる必要はないと思います。あれもこれも感を出してやろうとすると、職員だけでなく学生の負担も大きい上に主旨がボヤケてしまう。学校PRなら地域交流や職業講話、おでらいなどで広報活動していますので、展示会1本に絞っても十分かとは思います。まずは今回このような感じでPRできましたので、今一度基本に返るべきか、もっとアピールが必要なのかを検討するいいタイミングだったと思いました。
  • みんな、限られた期間でよくあれだけ作れたと思います。作ることに精一杯で展示の仕方をあんまりちゃんと考えられなかったのは少し悔しいです。
  • このご時世のなか最大限にできた、お披露目ができたのではと思います!
  • PARCOでのデザコンはとても良かったので、次もPARCOでやりたいなとは思いました。
  • みんなで1つの目標に向かって話し合いや準備を進めることで、クラスメイトとの絆を深めることができたと思った。また初めての大きいイベントで不安もあったが、先輩たちがリードしてくれたので?分もそうなりたいと思った。
  • 全体的に良かったと思いますが、期待を裏切るような作品は少なかったかなと思いましたし、せっかくレベルが高いのに展示方法が微妙で気付いてもらえなさそうな作品があってもったいないなと思いました。
  • THE・イベントって感じで超楽しかったです!
  • 今回の展示で観に来てくれた人々から、嬉しい感想たくさん聞くことができて少し自分に自信を持つことができた。
  • 初めてデザコンをやってみて、先輩たちの作品など観れて勉強になりました
  • 毎年会場を変えてると、認知度も低いままだと思うしやっぱり来てくれる人も少なくなるんじゃないかな?と。毎年同じ場所にした方が覚えてもらえるし恒例化したら認知度も高くなるし、学生も場所を覚えやすいと感じました。
  • 校舎はさすがに難しいと思うので毎年コンベンションセンターなどの施設を1点に絞って開催開催するべきだと思いました。

youtube_icon

insta_icon

twiitter_icon

協力企業・団体URL一覧

デザコングッズ好評販売中

「本ウエブサイトについて」/本ウェブサイトに掲載されている作品の一部は、一部実在の企業を広告主として想定し、実践に近い状態での企画、制作展開を致しております。広告主の現状のプロモーションと混同されることの無いようご注意ください。また、本サイトでは学生の学修成果と記録という位置づけの公開であり、本校学生募集の営利目的とは関係ありません。広告主には企画の内容や広告展開をご理解、ご了承していただいての作品制作ですので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。