2022来場者アンケート結果

デザインコンプ2022開催期間中は、新型コロナウィルス対策の為、対面でのアンケート促進ができませんでした。代わりに、会場でQRコードを設置し、アンケートにご協力をいただける様に配慮しました。
(アンケート回収数:67件)
(アンケート回収⽇:2⽉25⽇)

会場アンケート2022


年代別比率

性別:会場アンケート2022


性別比率

性別:会場アンケート2022


職業別比率

職業別:会場アンケート2022


経由別比率

経由別:会場アンケート2022


関係別比率

関係別:会場アンケート2022


エリア別比率

エリア別:会場アンケート2022

<考察>
まん延防⽌対策の観点から積極的なアンケート協⼒の促しをすることができなかった事が影響しているのか、例年よりもアンケート回収数が少なくなりました。

<今後の対策>
次年度はアンケート、ご意⾒の回収⽅法を更に検討し、母数を増やせるように、アンケートにお答えいただく方々が、積極的に回答したいと思える仕組みづくりを充実させたいと考えています。また、沖縄県内の中南部にお住まいの方々に向けてバランス良く宣伝をしていく事も重要かと感じました。


回答者のコメント抜粋

  • 作品に企画書がついており、どういう意図で制作しているかが分かりやすくとても良いと思いました。残念だった点として、シルバーやプラチナなどのカード?が作品についていましたが、それが何に対してシルバーなのかが分かりませんでした。コンテストなどを⾏ったのであればそのことについて書いてあるものが欲しかったです。また、学⽣が雑談をしていて道をふさいでいる事がありました。
  • 規模とイベントのクオリティが⾼く感動しました。どのような勉強を⽇々しているのかが気になりました。
  • いろんな学科の個性豊かな作品ばっかで、⾒てて楽しかったです!
  • ⼀⽣懸命さが伝わってきて圧倒されます。
  • 配信でイベントを紹介したり、お客さん向けにグッズプレゼント企画を⾏うのはとてもいいアイデアだと個⼈的に思いました。
  • マンガで沖縄紹介のブースが印象に残っています。ゆっくり⾒ることはできなかったのですが、わいわい賑わっていて、とても良いイベントでした!次があるなら、展⽰以外のイベントも楽しみにしています。
  • ⽇曜⽇にお伺いしました。PARCOの商業ブースに負けない展⽰だったと思います。⼀つ気になったのは、⺟が⾞椅⼦でした。中まで⼊っていくには、躊躇してしまったので、今後の「ダイバシティ」の検討事項としていただけると、⺟も(⾞椅⼦の⽅たちも)喜ぶと思います。ぜひ社会の為に役⽴てられる学びになりますように・・・。
  • 明るくて広くてとても⾒やすく楽しい展⽰がたくさんありました。コロナ禍での卒業制作、⼤変だったと思います!みなさんおつかれさまでした!
  • 初⽇に伺いましたが、学⽣たちの笑顔が印象的でした。この⽇の為に多くの時間を使って準備をしてきたことでしょう。(職員の皆様も)お疲れ様でした。「ものを⽣み出す」というのは本当に凄い⼒だと私は思います。これからもその⼒を活かして多くの⼈達に笑顔と感動を提供して下さい。ありがとうございました。
  • 本格的な作品が多くあり、すごいの⼀⾔でした。また、作品のQRコードを読み込む事で作成者の思いなども理解する事が出来更にデザインの深さを感じる事が出来ました。
  • 全ての学科が⾒れ、⾒ごたえがありました。クオリティが上がっている印象がありました。せっかく外部で展⽰できているので、学校名がわかりやすく表⽰されていればと思いました。毎回チャレンジャーなIDAに刺激を受けています。
  • コロナ禍ではあるが、学⽣皆が⽣き⽣きと制作している姿が⽬に浮かぶのと、来場者に説明している姿は素晴らしかったです。デジタルデザイン科のライブ配信ブースが素晴らしいと思いました。
  • コロナ禍において各イベントが中⽌となったことは会場が広かったこともあり残念です。しかしながら展⽰ブースにおいては、学⽣の皆様が質問等に対し積極的に対応したいただけたことは、良かったと思います。

*この他にも多くの心温まるエールをいただきました。回答者の皆様に感謝を申し上げます。

youtube_icon

insta_icon

twiitter_icon

協力企業・団体URL一覧

デザコングッズ好評販売中

「本ウエブサイトについて」/本ウェブサイトに掲載されている作品の一部は、一部実在の企業を広告主として想定し、実践に近い状態での企画、制作展開を致しております。広告主の現状のプロモーションと混同されることの無いようご注意ください。また、本サイトでは学生の学修成果と記録という位置づけの公開であり、本校学生募集の営利目的とは関係ありません。広告主には企画の内容や広告展開をご理解、ご了承していただいての作品制作ですので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。